ルネッサンス情熱エンドレス深呼吸

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Tokyo City Serenade

2度寝?3度寝?どのくらい寝たのか分からなくなるくらい寝た。
ようやく起きて時計を見ると12時過ぎ。
「これぞ休日の醍醐味よ」と思いながらも
「もったいないことをしたかな」と後悔も少し頭をよぎる。

「まあいいや。とりあえずは風呂だな」
先日買った「大市民日記」という漫画と十六茶を持ち込んで風呂タイム。

「大市民日記」の作者は「特命係長 只野仁」などを描いている人なのだが
この人はとにかく絵が下手。福本伸行と双璧。
内容も世の中の風潮に対してぶつくさ文句を言うだけ。
何が面白いんだ、と思いながら楽しく読んでいる。作者の思うツボか。

新垣由衣はCMで歌う機会が多いような気がするのだが
これは公共の電波を使ったイジメではないだろうか。


漫画も読み終わり、十六茶も半分くらいに減ったところで入浴終了。
やっとこ目が覚めたところで、今度は腹が減ってくる。
何かあっさりしたものを食べたいと思って、東京駅のリゾット屋へ。



なんだかんだで米が好きなんだよね。日本人だもの。
ハフハフ言いながら完食。ごちそうさまでした。また来ます。
目的は果たしたがせっかく出かけてきたので、そのまま外をフラフラ。


気付くと東京タワーに来ていた。やはり馬鹿と煙は高いところが好き。
てっぺんまで行くつもりだったが、エレベーターが込み合っていたので挫折。
展望台から下界を眺める。やはり高いところは楽しい。馬鹿で結構だ。



東京タワーから見る東京タワー。

田舎暮らしにも憧れるけど、ふらっと出かけても行き先がなさそうだよな。
身近にいろいろあるというのは東京のいいところだ。
田舎暮らしはもうちょっと先でもいいかな。


2010年オススメの100曲 その18:Tokyo City Serenade

| 16:33 | 2010年オススメの100曲 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
風の谷のナウシカ
風の谷のナウシカを見た。
もう何度目かねー。毎年金曜ロードショーでやってるような気がする。

まあ、それはさておきナウシカは何度見ても面白い。泣ける。
基本的に俺は「自己犠牲モノ」に弱い。ナウシカはツボすぎる。

ナウシカが差し出した指を噛む小動物。
噛み終わるまでじっと耐えて
「怯えていただけなんだよね」と微笑むシーン。

父親を失って誰よりも悲しいはずなのに
「これ以上犠牲者を出したくない」と
トルメキアに従うようみんなに話すナウシカ。

腐海に落ちそうになる仲間を助ける為に
猛毒の空気の中で防毒マスクを外して
微笑んで仲間を安心させるナウシカ。

幼いオームが海に入ろうとするのを
体を張って防ごうとするナウシカ。

風の谷を守るためにオームの大群の前に立つナウシカ。

それにしてもナウシカ、完全無欠すぎ。
絵に描いたような主人公っぷり。
すごいと思うけど、なんかダメだそういうの。



ちょっと気になるのは虫や腐海の描き方。

虫や腐海が空気や水をきれいにしているのは結果論なわけで
人間のためにやっているわけではない。
自分たちが命を育むために環境に適応しているに過ぎない。
まあ結果として人間の役に立っているのだから
感謝したり、守ったりするのはいいと思うのだが
殊更に神聖視して自然環境原理主義みたいになっちゃうのは
「人間さえいなければ地球環境が守れる」みたいな極端さ、危うさを感じる。


でも総体的にはさすが天才・宮崎駿という作品です。
俺のように偉そうにあーだこーだと評論するのは簡単だけど
ここまでの作品を作れるなんて本当に天才としか言いようがない。

| 13:54 | 感想 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
僕が一番欲しかったもの

起床。腰痛。心当たりなし。
伸ばしても曲げてもダルい。痛い。
雨だし、実に憂鬱な日だ。

会社に着くと、何人からかチョコをいただく。
「せっかく義理チョコ渡さなくてもいいカレンダーなのに」
なんて言いながらもちょっと嬉しい。

でも、そんなことはどうでもよくて、とにかく腰が痛い。
世の中全てがどうでも良くなるくらいに腰が重くてダルくて痛い。
チョコよりバンテリンが欲しかった。


2010年オススメの100曲 その17:僕が一番欲しかったもの

| 18:39 | 2010年オススメの100曲 | comments(2) | trackbacks(1) | posted by ぼん |
素敵な夢を叶えましょう

こんな結果でも、こんな内容でも岡田監督を続投させるのか…。
監督交代のラストチャンスだと思うんだけどな。

このチームに俊輔と長谷部が加わったらW杯ベスト4になる?
いったいどういう理屈なんだよ(笑)

個のチカラで勝負できないからチームのチカラで勝負するんだろ?
だったらメンバー固定して連動性を高めろよ。できる限り。
今さら平山とか小笠原とか試してる場合じゃないんだよ。

もちろんメンバー固定にはリスクがある。
怪我したらアウトとか、後進が育たないとか。
でも、今の日本がW杯で勝つためには、そういうことをしなきゃ。

もしくは5バックどん引きカウンターサッカー。
どうせ点が獲れないなら、せめて失点を防ごう。つまんないサッカーだけど。
アジアレベルですら通用しないパスサッカーごっこをしているよりマシ。

「日本が目指すサッカーはこうだ」というビジョン。
そのビジョンを共有する指導者。
きっちりと土台作りができる長期政権。
目先の勝敗に一喜一憂しないサポーター、マスコミ。
今の日本は、そのどれもがないサッカー後進国。
諸外国と同じような選手選考や戦術では勝てないよ。

必殺の武器を磨き上げ、研ぎ澄ませる。それが通用しなかったら負け。
いびつなチームでも、そのほうが可能性を感じる。
バランスのいい、特徴のないチームを作っても世界には通用しない。

W杯は勝負の場なのか、将来に向けての育成の場なのか。
勝負の場ならば勝負にこだわって欲しい。
どんなつまらないサッカーでも「勝てるサッカー」をして欲しい。
育成の場ならば勝利は諦めて理想のサッカーを追及して欲しい。
「今回は負けたけど、きっとこの敗北は将来のW杯の勝利につながる」
そんなふうに思えるような敗戦をして欲しい。

でも、残念ながら岡田ジャパンはそのどちらでもなさそうだ。
オシムさんのことは本当に残念だ・・・。


2010年オススメの100曲 その16:素敵な夢を叶えましょう

| 01:20 | 2010年オススメの100曲 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
違う、そうじゃない

電車の中で聞いた会話。
女「死んじゃった声優がいるらしいよ」 
男「そりゃ声優だって不死身じゃないでしょ」  
女「そういうことじゃなくて・・・もういい!」 

たぶん郷里大輔さんのことなんだろう。不謹慎だけど笑ってしまった。
言葉足らずな女もダメだけど、揚げ足とって得意気になってる男もダメだな。

| 00:48 | 思いつき | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
チョコレイト・ディスコ

「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう」というのは「土用の丑の日はウナギを食べよう」に匹敵する歴史的CMと言えると思う。しかも義理チョコやら友チョコやら逆チョコやら、どんどん拡大していく一方。はじめは企業の営利目的だったとしても、こうなっちゃうともう文化と言っても差し支えないかも。五十年後も百年後もきっと残ってるだろうなー。

なんてことをデパ地下の喧騒を眺めながら思った。

| 20:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
セロリ

セロリの臭いがダメで三十年間も飲めなかった野菜ジュース。
セロリの入っていない野菜ジュースは飲んでいた。
健康によさそうという漠然とした理由で。

野菜ジュース欲が高まっているときに入った店においてあったのは、すべてセロリ入り。
「今ならいけるかも?」と思って飲んでみたら、思ったほど嫌ではなかった。
セロリ臭いのがちょっと気になるけど、まあ飲んで飲めないことはない。

それから数日。
今や、セロリ風味がなければ味気なく感じるように。
変われば変わるもんだね。


2010年オススメの100曲 その15:セロリ


| 01:24 | 2010年オススメの100曲 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
Baby, Don't Cry

病院の待合室で見たマンモグラフィー検査の写真。
おっぱいを万力で潰しているような検査。
絶対痛いよ…。ありゃ拷問だな…。

挟めないほど貧乳の人はどうするのか?


2010年オススメの100曲 その14:Baby,Don't Cry

| 14:05 | 2010年オススメの100曲 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
白い恋人たち

肝機能障害の疑いあり。要再検査。

健康診断の結果にはそんな風に書いてあった。
普段あまり酒を飲まない俺は「肝機能障害」と言われてもピンとこない。
まあ「疑い」だし、再検査すればハッキリするだろうということで病院へ。

「まあ、このくらいの数値なら再検査に来なくてもいいくらいなんだけどね」
俺の検査数値を見た老先生は言った。
「他の数値も正常の範囲内だし、特に問題ないですね」
あら、拍子抜け。
「ただ…」

ただ?ただ何ですか先生!肝炎?肝硬変?肝臓癌?
その一言で恐ろしい単語がアタマを駆け巡る。

「ただ、中性脂肪が少し多いね。正常値ちょっとオーバーくらいだけど。
これが少し肝機能に影響を与えてるかもね。お酒はよく飲むの?」
あー、なんだ、そんなことか。脅かさないでくださいよー。

いえ、あまり。月に2、3回くらいですね。と答えると
「じゃあ炭水化物だ。ご飯とかうどんとか」
「しょっぱいものでご飯がすすむ、なんて何杯も食べてるんじゃないの?」
大正解!商品はハワイ旅行でーす!

明太子とか海苔の佃煮で白飯祭をするのはしばらく控えよう…(涙)


2010年オススメの100曲 その13:白い恋人たち

| 13:08 | 2010年オススメの100曲 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
オンリーロンリーグローリー

ゴールデンスランバーを見にきたら、なんだか人がいっぱい。
なんじゃこりゃ、と思ったら「涼宮ハルヒ」の長蛇の列。

違うんです、ぼくは違うんです。
男一人で並んでますけど、違うんです。
一緒にしないでください。

と祈りながらチケット売り場に並ぶ。
次は自分の番だ。

「涼宮ハルヒですね?」
なんて決め付けられたらどうしよう…。
と要らん心配をしていたら、見たい映画のタイトルを忘れてしまった。

「次の方どうぞー」
「えっと、あの、その…」
恥ずかしくて「涼宮ハルヒ」って言うことすらできないスーパー内気人間みたいな感じになった。


2010年オススメの100曲 その12:オンリーロンリーグローリー

| 02:22 | 2010年オススメの100曲 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ぼん |
<< | 3/51 | >>